クレアール公認会計士講座の講師はどう?実際の名講師陣を厳選紹介します

会計士資格

クレアールは公認会計士講座が人気の通信講座です。

公認会計士の資格取得を考え、クレアールを候補の中にいれている方もいるかと思います。

そこで今回はクレアール公認会計士講座の講師はどうなのか、実際の名講師陣を厳選紹介していきます。

【1】石井和人 / 財務書評論

石井和人講師は、非常式合格法の考案者でもあり、分厚いテキストから要点だけを絞り、薄いテキストを誕生させたきっかけになった講師です。

公認会計士試験の受験業界では屈指のカリスマとして知られていて「非常識会計学!」などたくさんの著者があります。

石井和人講師の講義はわかりやすく、しっかりと重要な点を教えてくれるので、財務諸表論は安心です。

【2】堀江正之 / 監査論

監査論の堀江正之講師は日本監査研究学会理事や、日本セキュリティマネジメント学会理事など優秀な経歴を持っている講師です。

そして、元公認会計士試験委員なので、講師陣の中でも信頼性はトップクラスの講師です。

また、「システム監査の理論」や「ITのリスク・統制・監査」、「IT保証の概念フレームワーク-ITリスクからのアプローチ」などたくさんの著者があります。

講義は優秀な経歴なだけあり、受講生一人一人に伝わるよう丁寧に教えてくれるので受講生からの信頼度が高いのも納得ができます。

【3】河野上浩司 / 財務会計論・租税法

財務会計論の河野上浩司講師はリズム感のある講義が話題でポイントを的確に突いた講義に定評があります。

理解しにくいと思われている点は実務の話題を織り交ぜ、解りやすく解説してくれるので、受講生からは「とてもわかりやすい講義で感動した。」と評判が良いです。

答練は毎年、本試験的中率がかなり高いので、河野上浩司講師の答練を完璧にすれば本試験で困ることはないと受講生から高い評価を得ています。

【4】山田和宗 / 財務会計論

山田和宗講師はベテラン講師で有名で、柔らかい雰囲気や、話し方で、時々冗談を交えてユニークなツッコミをいれてくるので「最後まで楽しんで勉強することができた」など受講生から人気の高い講師です。

山田講師の講義は初心者の気持ちをしっかり考えて、勉強のモチベーションが低下しないような声掛けや講義を意識しているので0から学ぶ初心者の方でも安心して講義を受けることができます。

【5】大内正紀 / 財務会計論

大内正紀講師は早稲田大学理工学部を卒業後、公認会計士二次試験に合格し、上場会社の法定監査及び、内部統制監査に従事しました。

そして2008年に大内正紀公認会計士事務所を開設しています。

現在はクレアール講師をやりながら、内部統制支援業務や、経理支援業務など様々な業務を中心に活躍しているので、講義の質も高く、いろいろな角度から教えてくれるので、評判の良い講師です。

【6】藤橋直 / 管理会計論

藤橋直講師は、2014年に公認会計士試験に合格し、大手の監査法人にて大手保険会社に対する監査業務を中心に従事していました。

藤橋直講師の講義は、近年の本試験の内容を徹底的に分析し、本試験でどんな問題が出題されても回答できるように、対応力を養成することを目標とした問題を作成し、わかりやすい講義を実施しています。

【7】川田 亮 / 管理会計論

川田亮講師は2014年に公認会計士試験に合格し、合格後は公認会計士の受験指導を中心に活動している講師です。

川田講師の解説講義の特徴は、自分自身の受験生時代の経験を踏まえて、合格するうえで絶対に解けなければいけない問題を指摘して、それらを受講生にわかりやすく、重点的に解説することで、受験生の得点能力をより向上させることを心がけているそうです。

【8】佐藤裕介 / 監査論

佐藤裕介講師は、青山学院大学の経営学部を卒業し、2007年に公認会計士試験に合格している講師です。

公認会計士試験合格後は、大手監査法人で上場会社会計監査や、IFRS導入支援、内部統制構築支援等に従事しています。

その後、2013年に佐藤裕介公認会計士事務所を開設し、現在では、会計・決算コンサルティング業務を中心に活躍しています。

講義では自分の経験から得た知識をわかりやすく受講生に伝えてくれるので、安心して受講することができます。

【9】山本貴文 / 企業法

山本貴文講師は中央大学法学部を卒業していて長年公認会計士試験の企業法、民法の講義・作問を担当している講師です。

受講生にとって負担の割合が高い企業法の論点をわかりやすく、かみ砕いて解説する講義は受講生からも大変人気です。

テキストは短答式や論文式試験で出題実績のある個所が一目でわかるようになっているので、非常に使いやすいと好評です。

【10】山幡康二 / 租税法

山幡康二講師は上智大学を卒業して、公認会計士試験合格後は、大手監査法人で財務諸表監査を中心にコンサルティングを行い。パブリックセンターなどの業務にも携わっている講師です。

また、上場会社での決算業務や、国税審判官なども務めています。

そして現在では、会計・税務の専門家として企業や個人の資産運用、管理業務に携わっています。

そんため、講義では重要な点をわかりやすく丁寧に解説してくれるので受講生からも好評です。

【11】川北貴則 / 租税法

川北貴則講師は上智大学を卒業し、その後、公認会計士試験に合格している講師です。

公認会計士試験合格後、大手の監査法人で財務諸表監査を中心にコンサルティング業務に携わっていて、他にもパブリックセンターの業務にも携わっています。

その後は、上場会社での決算業務や、内部統制の整備などの業務に携わり、国税不服審判所国税審判官も務めています。

講義は山幡講義と同じく、重要な点をわかりやすく丁寧に解説してくれるので受講生からも好評のある講師です。

【12】藤原敬一 / 経営学

経営学の藤原敬一講師は、資格を取る際、多くの受講生が盲点になりがちな経営学の基礎知識をしっかりと解説してくれます。

長年受験指導を行っているので、試験委員の研究領域についても、わかりやすく丁寧に解説する講義にはかなりの定評があります。

また、現在では大学でも教鞭をとっているほどなので、藤原講師の講義を受けておけば間違いないです。

【13】吉野文雄 / 経済学

吉野文雄講師は早稲田大学大学院の経済学研究科修了語後、シカゴの大学経済学部大学院へ留学した講師です。

高崎経済大学を卒業し、現在では拓殖大学の教授を務め、国際経済学や、アジア経済論を専攻としています。

優しく丁寧な解説をしてくれるので受講生からも定評です。

【14】比佐章一 / 統計学

比佐章一講師はクレアールの公認会計士講座で長年、経済学・統計学の講義・答練を担当している講師です。

試験に必要な統計学の知識をコンパクトにし、数式や公式を使用しながら初心者でも理解できるように教える講義にはかなりの定評があります。

クレアールには指導歴の長い講師が多く在籍!

クレアールの公認会計士講座を担当する個性的な講師陣を紹介させていただきました。

公認会計士の予備校を決める際にどのような講師がいるか気にする方も多いかと思いますが、クレアールには指導歴の長い講師が多く在籍していて、講義の質にも定評があるのでクレアールを候補に入れてもいいかと思います。

クレアール公認会計士講座のメリット・デメリットまとめ。参考になる口コミも紹介
クレアール公認会計士講座を受講するメリットやデメリットをネット上にあがっている口コミから分析してご紹介!どの公認会計士講座を受講しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました