任意整理の必要書類と最低限準備しておく内容とは?

借金返済が苦しくなってきたら、早めに任意整理で解決するとダメージが少なくて済みます。

 

返済せずに放置しておくと、しつこく督促されたり、ときには給与差し押さえをされたりするおそれもあるからです。

 

しかし、早く相談すべきと言われても、必要書類が集まっていないと相談できないのではないかが心配だという方がいるでしょう。

 

そこで今回は、任意整理の必要書類と最低限の準備事項について解説します。

 

 

任意整理に依頼するときに用意すべき書類

任意整理をすると、借金問題を効果的に解決することができますが、任意整理をするときには、弁護士に相談に行かないといけません。

 

このとき、できれば準備しておいた方が良い書類があります。具体的には、以下の通りです。

 

・契約書
・振込証
・カード
・通帳
・債権者一覧表
・家計収支表
・身分証明書
・印鑑

 

以下では、それぞれがどのようなもので、どうして必要なのか、説明します。

 

契約書

消費者金融その他の債権者との間で作成した契約書です。商品を購入した債務がある場合には、その売買契約書も必要です。

 

契約書の内容を確認することにより、どのような債権者に対し、どのような借金や債務があるかがわかります。

 

振込証

債権者に対し、振込送金している場合には、その振込証も持っていくと役立ちます。誰に対していくら振込をしているかがわかるからです。

 

カード

サラ金のキャッシング用カードやクレジットカード、カードローンのカードがあれば、持っていきましょう。

 

任意整理をすると、債権者からはカードの返還を求められるので、当初依頼時に弁護士に渡しておくと、返還依頼があったときにスムーズに対応することができます。

 

また、任意整理が始まったらカードは使えなくなるので、持っていても意味がありません。

 

通帳

クレジットカードなどの引き落としをしている通帳があれば、持っていくと資料として役立つことがあります。

 

債権者名がはっきりわからないケースでも、通帳の引き落とし名を確認することで債権者を特定できることもあります。

 

また、給与の振込額などを確認することで、返済能力を判断する資料にもなります。

 

債権者一覧表

債権者一覧表は、債務者が自分で作成して持っていかないといけない資料です。

 

任意整理の必要書類の中でも特に必要性の高い資料です。

 

債権者一覧表を持っていかないと、弁護士に相談に行っても「債権者一覧表を作って持ってきて下さい」と言われてしまうこともあります。

 

債権者一覧表とは、現在借入のある債権者の名称と借入金額などを書いた、債権者の表のことです。

 

これを見ることにより、どこからどれだけの借入があるのかが一覧でわかります。

 

それぞれの借金の残高もわかりますし、合計の借金額もわかります。

 

任意整理によって解決することができるのかどうかも、債権者一覧表によって判断することになります。

 

任意整理の相談に行く前には、他の資料はなくても債権者一覧表だけは作って持っていくべきです。

 

家計収支表

家計収支表は、債務者の家計収支をまとめた表のことです。

 

債権者一覧表と比べると重要度は低く、余裕がなければ作成しなくてもかまいません。

 

ただ、事務所によっては、家計収支表を作って持ってきてほしい、と言われることもあります。

 

家計収支表を見ると、月々の収入と支出の金額がわかるので、借金返済に充てられる金額が計算出来て、任意整理での返済計画を立てる指針となります。

 

身分証明書

弁護士に相談をするときには、身分証明書の提示を要求されることがあります。

 

法律相談をするときには身分確認が必要とされているからです。運転免許証でも保険証でも何でも良いので、何か1つ、身分証明書を持参しましょう。

 

印鑑

弁護士に任意整理の相談をするときには、印鑑を持っていくことをおすすめします。

 

相談だけで終わったら印鑑は不要ですが、そのまま任意整理を依頼することになったらその場で委任状や委任契約書を作成しなければならないからです。

 

印鑑を持っていなかったら、委任状や契約書を持ち帰り、後日に郵送しなければならないので手間になります。

 

 

書類がないと相談できないのか?

以上のように、任意整理には必要書類がいくつかありますが、すべての書類がないと相談ができない、という意味ではありません。

 

特に、当初の相談の際には、書類がそろっていなくても相談を受け付けてくれることが多いです。

 

特に、借金に追われて切羽詰まっているケースでは、とにかく弁護士に相談に行ってアドバイスを受けて気持ちを落ち着けてから、

 

足りない書類の指示を受けてゆっくりと準備を進めていけばいいからです。

 

書類を揃えるためにいつまでも相談に行けず、借金の状況が悪化していく方が悪い結果になります。

 

ただ、最低限、債権者一覧表だけは準備して持っていくことをおすすめします。

 

 

契約書がなくても任意整理できるのか?

世間一般では、任意整理をするときに契約書を用意すべきということがよく言われていますが、契約書がないと任意整理は出来ないのでしょうか?

 

実は、そのようなことはありません。契約書がなくても、債権者を特定できれば債務整理ができるので、

 

記憶によって債権者名がわかったら、基本的に任意整理ができます。

 

どこから借りているのか忘れてしまった場合にも、信用情報機関に個人信用情報開示請求することで債権者を調べることができるケースもあります。

 

契約書を紛失していても、心配せずに弁護士に相談に行きましょう。

 

 

債権者一覧表の作成方法

任意整理をする時には、債権者一覧表の作成が非常に重要なので、その作成方法を説明します。

 

債権者一覧表を作成するときには、以下の内容を表にして記載します。

 

・債権者名
・債権者の住所、電話番号
・当初借入額
・現在の借金の残高
・当初借入日
・最終返済日
・毎月の返済額
・利率

 

上記の内容をすべての債権者について記載して表にすれば、債権者一覧表が完成します。

 

利率や当初借入金額、当初借入日などを忘れた場合には、空けておいてもかまいません。

 

最低限、債権者名と連絡先、現在の借金残高くらいが書けていたらよいので、わかる範囲で作成して持っていきましょう。

 

 

用意しておいた方が良い情報

弁護士に任意整理の相談をするときには、書類がなくても用意しておいた方が良い情報があるので、以下で説明します。

 

住宅ローンや車のローンの有無

任意整理をするとき、住宅ローンや車のローンがある場合があります。

 

このようなローンがある場合には、当初から弁護士に告げておくべきです。

 

車のローンを任意整理の対象にすると、車を回収されてしまうので、車のローンは任意整理の対象から外す必要があるからです。
(通常は住宅ローンを任意整理することはありません)

 

また、任意整理ではこれらの借金を外すことができますが、任意整理が難しくなって個人再生や破産することになったら、

 

これらの借金があることが問題になる可能性があります。当初から弁護士がこれらの情報を把握しておくことで、適切な対応をとることができるようになります。

 

保証人の有無

保証人がついている借金がある場合にも、弁護士に告げておきましょう。

 

保証人がついている借金を任意整理すると、債権者が保証人に請求をして保証人に迷惑をかけてしまいます。

 

任意整理をするときには、保証人つきの借金を外して手続きをする必要があるからです。

 

収入と財産、返済余力

任意整理をするときには、自分の収入状況と返済能力を弁護士に説明する必要があります。

 

返済能力というのは、月々いくらまでなら返済ができるのか、ということです。

 

任意整理後の返済計画を立てるときには、この返済能力を基準にするので、当初の段階で弁護士に伝えておく必要があります。

 

もし、借金が多いのに返済能力が足りないのであれば、任意整理ではなく個人再生や自己破産が必要になるケースもあります。

 

収入や財産、返済能力は、当初の債務整理の手続選択の段階で重要なファクターになるので、相談する際にきちんと説明出来るように、事前に用意しておきましょう。

 

今回は、任意整理の必要書類について説明しました。

 

 

任意整理をするときには、契約書やカードなどがあると良いですが、ない場合にも相談はできます。最低限債権者一覧表は作成して持っていきましょう。

 

自分にどれだけの返済能力があるかは非常に重要なので、相談の際にはきちんと説明出来るように準備しておくべきです。

 

今借金を抱えて苦しいと感じているなら、債権者一覧表を簡単に作成して、早めに弁護士に相談に行くことをおすすめします。

関連ページ

任意整理するとどのくらい借金が減るのか?
任意整理するとどのくらい借金が減るのか気になりますよね。これから任意整理をする前に必ず確認してください。これが分からないまま任意整理をしてしまうと損してしまう事もあります。