任意整理の「返済代行サービス」とは?

任意整理をすると、借金の返済額が減って支払いが楽になります。

 

ただ、手続き後に返済が残るので、任意整理が終わったら、数年間支払いを継続しないといけません。

 

支払いを滞納してしまうと、債権者から督促が来てしまい、プレッシャーとなります。

 

ここで、「返済代行サービス」を利用すると、任意整理後の支払いが楽になり、支払い漏れが起こりにくいです。

 

今回は、任意整理の「返済代行サービス」について解説します。

 

 

任意整理後の支払いは手間がかかる!

任意整理をすると、借金を効果的に整理することができます。

 

任意整理とは、サラ金などの債権者と直接話し合いをして、借金の返済金額や返済方法を決め直す手続きです。

 

このことで、債権者との合意後の将来利息をカットしてもらえますし、返済期間を延ばしてもらうことで、

 

月々の支払い額が大きく減り、たとえば、今まで月々10万円の支払をしていた人でも、月々5万円やそれ以下になる可能性があります。

 

ただ、任意整理をしても、借金が0になるわけではないので、手続き後に支払いが残ります。

 

そして、その支払期間はだいたい3年〜5年です。しかも、支払い方法は、自動引き落としではなく振込入金となります。

 

複数の債権者がいたら、すべての債権者に対していちいち振込をしないといけません。

 

支払いの頻度は毎月なので、毎月すべての債権者に対して個別に振込をしないといけないのです。

 

このようなことは、債務者にとって非常に手間になります。手間がかかるだけではなく、入金を忘れてしまうことも多いです。

 

1社だけ支払い漏れになってしまうケースなどもありますが、こうした場合も、債権者からは立派な「滞納」扱いとされます。

 

 

任意整理後の支払いを滞納するとどうなる?

それでは、任意整理後の支払を滞納すると、どのような問題があるのでしょうか?以下で見てみましょう。

 

債権者から連絡が来る

任意整理後の支払いを滞納すると、すぐに債権者から連絡が来ます。

 

弁護士に連絡をする場合もありますが、債務者に直接連絡をするケースもあるためです。

 

任意整理が終わっているので、債権者から債務者に直接督促をすることができます。

 

これによって、借金や返済の滞納を家族に知られてしまうこともあります。

 

ただ1回や2回までの滞納であれば、滞納分を支払ったら、またもとのように支払いを継続できることが多いです。

 

3回以上の長期滞納の場合には問題が大きくなる

これに対し、3回分以上の長期滞納になってくると、状況は異なります。

 

一括請求される

任意整理の合意では、返済を2回分以上滞納すると、残りの金額を一括払いしないといけない、と定められていることが多いです。

 

ただ、上記のように、2回分までの滞納くらいなら許してもらえることが多いのです。

 

これに対し、3回以上になると、様相が変わってきます。

 

すぐに滞納分を一括で返済すれば許してもらえる可能性もありますが、

 

3回分の滞納となると、金額もかなりかさんでいることが多く、実際に一括返済が難しくなります。

 

相手にしてみても、3回分も滞納しているのにこれ以上待つ必要はなく、厳しく一括返済を請求してくるでしょう。

 

家族に借金がバレる

3回以上の返済滞納をして債権者から激しく督促が来るようになったら、家族に滞納を隠し続けることは困難になります。

 

せっかく任意整理を家族に秘密ですすめても、手続き後の返済を滞納すると結局すべてがバレて、無駄になってしまうおそれがあります。

 

裁判をされて差押えをされる

任意整理による支払いは、債務者の法的な義務です。

 

そこで、その支払いをしないのであれば、相手は裁判を起こすことができます。

 

裁判で支払い命令の判決が出たら、それにもとづいて強制執行をすることもできます。

 

強制執行とは差押えのことなので、これによって給料や預貯金、生命保険などを差し押さえられてしまいます。

 

このように、任意整理後の支払いができなくなると大変なことになります。支払いは、しっかり管理しなければなりません。

 

 

返済代行サービスとは?

任意整理の支払いを管理するために大変役立つのが、返済代行サービスです。

 

返済代行サービスとは、任意整理を依頼していた弁護士事務所が、債権者への支払いを代行してくれるサービスのことです。

 

もちろん、支払い原資自身は債務者が用意する必要がありますが、毎月の面倒な振込作業などを弁護士がしてくれます。

 

返済代行サービスを利用したい場合には、弁護士事務所との契約当初や任意整理の途中、

 

解決ができたときなどの各段階において、返済代行サービスを利用したいことを告げる必要があります。

 

 

返済代行サービスがない事務所もある

返済代行サービスを利用したいと思っても、すべての弁護士事務所で利用出来るわけではありません。

 

対応している事務所は限られています。

 

そこで、返済代行サービスを利用したいなら、弁護士事務所選びの段階で、サービスに対応している事務所を選ぶ必要があります。

 

契約する前に「返済代行に対応していますか?」と確認して、サービスがあるなら契約すると良いでしょう。

 

 

返済代行サービスのメリット

次に、返済代行サービスのメリットを説明します。

 

まず、返済の手間が省けることが一番のメリットです。

 

面倒な月々の振込を弁護士事務所がしてくれるので、依頼者は何もしなくて済みます。

 

また、支払い漏れが起こらないこともポイントです。

 

複数の債権者があると、自分ではどうしても支払い漏れを起こしてしまいがちですが、

 

弁護士に依頼すると確実に支払をしてくれるので、債権者との間でトラブルも起こりにくいです。

 

さらに、滞納したときには弁護士事務所に連絡が来ることも見逃せません。

 

自分で支払をしていると、返済出来なくなったときに債権者から直接督促が来るのでプレッシャーですが、

 

返済代行サービスを利用していると、債権者はまずは弁護士に連絡をします。

 

このことにより、家族に借金がばれないという効果もあります。

 

 

返済代行サービスの料金は?

このように便利な返済代行サービスですが、利用するには料金がかかります。

 

それだけ弁護士事務所に手間をかけることになるので、仕方ないところです。必要経費と考えましょう。

 

手数料の相場は、だいたい1社につき1000円です。振込手数料は込みになっていることが多いです。

 

 

返済代行サービスを利用すべき場合とは?

それでは、返済代行サービスを利用すべき場合は、どのようなケースなのでしょうか?

 

家族にバレたくない場合

返済代行サービスの利用をお勧めしたいのは、家族に借金を秘密にしている人です。

 

この場合、自分で返済をしていると、債権者から連絡書などが自宅に届いて家族にバレてしまうおそれがありますが、

 

弁護士事務所の返済代行サービスを利用していたら、まずは弁護士事務所に連絡が来るので、家族に不審に思われることがありません。

 

忙しい人

毎日が忙しく、振込をする時間がない人や手間がかかるのが嫌な人にも返済代行サービスはおすすめです。

 

このサービスを利用すると、自分で返済する手間がなくなるので、仕事やその他の用事に専念することができます。

 

うっかりが心配な場合

性格的にうっかりしていて支払い漏れが起こりがちな人にも、返済代行サービスはおすすめです。

 

このような性格の人は、悪気がなくてもついうっかり1社だけ支払い忘れたとか、

 

ついうっかり月末を過ぎてしまったなどにより、支払いを滞納しがちだからです。

 

すぐに支払ったら問題ないとは言っても、度重なると債権者の心証も悪くなります。

 

弁護士に依頼していたら、このような支払い漏れの心配がなくなって安心です。

 

手数料を支払う余裕がある場合

返済代行サービスを利用するためには、手数料を支払う余裕があることが必要です。

 

手数料は1社1000円(毎月)かかるので、たとえば5社分依頼すると、毎月5000円が真いつの支払いに上乗せされてしまうことになります。

 

任意整理の和解額が支払える限度ぎりぎり、というケースでは、そこに5000円も上乗せされたら到底支払えない、ということがあるでしょう。

 

また、返済代行サービスの利用によって本来の支払いができなくなったら、本末転倒です。

 

返済代行サービスを利用するなら、手数料を払える余裕があるかどうか、きちんと検討してからにしましょう。

 

 

まとめ

以上のように任意整理をしたときには、返済代行サービスを利用するとメリットを得られるケースがあります。

 

今回の記事を参考にして、上手に任意整理後の支払いを継続しましょう。

関連ページ

任意整理が失敗するパターンと利用出来ない人
任意整理が失敗するパターンと利用出来ない人をお教え致します。任意整理は誰でも出来るわけではありません。任意整理は基本的に返済能力がある人しか出来ません。正しい知識を付けましょう。
一回も返済していない債権者がいたら任意整理できないの?
一回も返済していない債権者がいたら任意整理できないのかお教えいたします。借金がかさんでくると最後に借りた債権者に1回も返済が出来ない状態になる事があります。そんな中で任意整理を行うには大きな問題になる事があります。任意整理は正しく行いましょう。
任意整理の最低金額はあるの?
任意整理をする際に最低金額が気になる方も多いと思います。シングルマザーなどの生活が苦しい方は少額の借金でも苦しくなる場合があります。そんな時にも任意整理が出来るのか詳しく説明しています。
税金滞納がある場合に任意整理で解決できるのか?
税金滞納がある場合に任意整理で解決できるのかを説明いたします。市民税や所得税、固定資産税など税金の支払いは沢山あります。これを滞納している状態で任意整理は出来るのかについてお教えいたします。
任意整理の途中で自己破産に変更出来る?
任意整理の途中で自己破産に変更出来るかについてお教えいたします。任意整理の最中に見込み違いなどで自己破産に変更しなければならない時があります。そういう時の対処法や解決策をご紹介しています。
任意整理の費用が用意出来ない場合の対処方法
任意整理の費用が用意出来ない場合の対処方法についてご紹介致します。任意整理をしたくても費用が用意できない場合があります。そんな時の解決法や、任意整理の基本的な料金についても詳しく説明しています。
奨学金返済ができない場合に任意整理がおすすめなケースとは?
奨学金返済ができない場合に任意整理がおすすめなケースがあります。奨学金が返済できない人が増え社会問題になっています。そんな中で任意整理や自己破産をする人も急増しています。
保証人に迷惑をかけない方法は任意整理
保証人に迷惑をかけない方法は任意整理が最適です。ここでは保証人と連帯保証人の違いや、保証人がいる時の債務整理についてご紹介しています。これから任意整理をお考えの方は是非参考にして臭い。
任意整理で後から債権者の追加ができるの?
任意整理で後から債権者の追加ができるのかについて詳しく掲載しています。任意整理を行う際に債権者の申告漏れが発生する事があります。そんな時の解決策や豆知識をご覧ください。
会社や家族に秘密で任意整理したい場合の対応方法とは!?
会社や家族に秘密で任意整理したい場合の対応方法についてご紹介いたします。任意整理で借金を整理しようと考えている方の中で、会社や家族にばれるのが嫌だと言う方は多いと思います。でも大丈夫!詳しくはこちらのページをご覧ください。
任意整理が結婚相手にバレる可能性はある?
任意整理が結婚相手にバレる可能性はあるのかについてお教え致します。任意整理をする際に結婚相手にバレないか気になる方は多いと思います。ですが、大丈夫です。債務整理をしても結婚相手にバレる事はありません。