任意整理が結婚相手にバレる可能性はある?

毎月の借金返済が苦しくなってきたと感じたら、任意整理をすべきタイミングです。

 

しかし、借金をしている人は、周囲にそのことを告げていないことが多いです。

 

近いうちに結婚する予定がある場合、任意整理が結婚相手にバレると、結婚話がなくなってしまうおそれもあります。

 

そこで今回は、任意整理をすると結婚相手に借金や債務整理がバレるおそれがあるのかについて、解説します。

 

 

任意整理や借金が結婚に与える影響は?

借金返済をしている場合、結婚相手(婚約者)にはバレたくないと考えていることが多いです。

 

とくに任意整理などの法的な手続きをとると、結婚に支障が発生することが心配だという人がたくさんいます。

 

ただ、実際問題として、結婚相手に借金がバレたらどうなるのでしょうか?結婚ができなくなることがあるのかが問題です。

 

まず、任意整理をしたからと言って、結婚ができなくなることはありません。

 

任意整理だけではなく、個人再生や自己破産などの他の債務整理方法でも同じことです。

 

債務整理と結婚とは全く無関係なので、債務整理をしたからと言って法的に結婚が制限されることはありません。

 

債務整理中に結婚することもできます。

 

ただ、結婚相手に借金や債務整理がバレると、相手から敬遠されてしまうおそれがあります。

 

相手が嫌がらなくても、相手の親が猛反対することが多いでしょう。

 

結婚相手に理解があれば、借金や債務整理をしていても支障はなく結婚話を進めることが出来るかもしれませんが、

 

相手や相手の親に理解がなければ、結婚は破談になってしまいます。

 

このように、借金が結婚相手にバレると、それなりのリスクがあることは確かです。

 

 

任意整理が結婚相手にバレる可能性は?

それでは、任意整理をすると、結婚相手に借金がバレることがあるのでしょうか?

 

この点、任意整理をしても、ほとんど相手に知られる可能性はありません。

 

任意整理をする時には、通常弁護士に手続を依頼します。

 

弁護士に任意整理を依頼したら、債権者からの督促や連絡が止まります。

 

借金の支払いもストップするので、支払をしなくても電話もかかってきませんし、手紙も届きません。

 

そこで、任意整理が始まったら、むしろ周囲に借金がバレにくくなります。

 

任意整理が始まると、弁護士が話合いをすすめて、債権者との間で合意してくれます。

 

合意ができたら合意書を作成してくれて、それを送付してくれます。

 

依頼者はその内容にしたがって支払いをするだけなので、やはり結婚相手にバレるようなタイミングはありません。

 

つまり、任意整理を弁護士に依頼すると、すべての手続きを弁護士が進めてくれるので、外部に借金や任意整理の事実がもれることはないのです。

 

任意整理は、同居の家族に知られないで手続きすることができるくらい、秘密性を高く保持できる債務整理方法です。

 

そこで、結婚相手がいる場合でも、任意整理によって借金がバレることは心配しなくて良いのです。

 

また、任意整理をしても、戸籍謄本や住民票、運転免許証などの公的な書類に何らかの記載がされることもなく、このようなことから借金がバレることもありません。

 

 

興信所を使われるとバレるおそれがある

ここで注意しないといけないのは、興信所の存在です。

 

結婚をすすめるとき、興信所や探偵事務所を使って相手の調査をすることがあります。

 

結婚相手の親がこうした方法で調査を実施したら、借金や任意整理が判明することがあります。

 

そうなると、相手から結婚の破棄などを申し入れられるかもしれません。

 

ただ、こうしたことは任意整理の効果ではなく、もともと借金していたことによるものです。

 

もし、任意整理をしていなかったとしても、興信所を入れられると借金がバレるので、その時点で婚約を破棄されてしまうでしょう。

 

そこで、興信所によって借金がバレる可能性があることは、任意整理をしない理由にはなりません。

 

 

自分から言うべきなのか?

結婚を控えていて借金がある場合、そのことを相手に告げるべきかどうかという問題があります。

 

この問題は、難しいです。実際には、告げた方が良いケースと告げない方が良いケースがあります。

 

本来であれば、隠し事なしに結婚した方が、お互いのためになることが明らかです。

 

借金のことを知られると嫌われるような相手なら、はじめから結婚しなかった方が良かったということもあります。

 

ただ、反面「知らぬが仏」、ということもあります。結婚後任意整理の借金を完済して、相手に知られないまま夫婦円満に過ごしていけることもあるからです。

 

そこで、相手に告げるかどうかについては、相手の性格や借金の額、相手にかける迷惑の程度などを考慮して判断しなければなりません。

 

借金を隠して結婚した場合、結婚後にバレると「詐欺」などと言われてトラブルになる可能性もあるので、そのようなリスクについても考慮して対応する必要があります。

 

どのように対応して良いかわからない場合には、弁護士に相談するのも1つの解決策となります。

 

 

そもそも結婚前に任意整理すべき?後にすべき?

結婚前に借金をかかえている場合、そもそも結婚前に任意整理をすべきか結婚後に任意整理をすべきか、と言う問題があります。

 

これについては、結婚前に任意整理する方法をおすすめします。

 

任意整理をせずに結婚すると、借金に追われた状態で結婚することになります。

 

借金に追われている状態だと、自分一人でも返済が厳しくなりがちですが、

 

そんな状態で相手と結婚すると、借金づけの生活に相手も巻き込むことになってしまいます。

 

生活費が足りなくなって相手に迷惑をかけるかもしれませんし、子どもが生まれても不自由な思いをさせるかもしれません。

 

家族で出かける頻度や回数も減るでしょう。

 

また、相手に秘密で多額の借金を返済するのも大変です。

 

結婚後に借金を滞納すると債権者から自宅宛に電話や郵便で連絡がありますが、

 

このようなことがきっかけで相手に任意整理がバレると、さらにトラブルが大きくなります。

 

ここで結婚前にきちんと任意整理で解決しておいたら、月々の返済額が減って返済可能な範囲に抑えられるので、

 

自分でもきちんと管理して返済ができますし、相手に迷惑をかける度合いも低くなります。

 

きちんと返済している限りは債権者からの督促もないので、結婚後に相手に借金がバレる可能性も低くなります。

 

このように、結婚前に任意整理をしていると、圧倒的にメリットが大きいので、任意整理をするなら結婚前にしておくべきなのです。

 

 

任意整理した場合の結婚生活への影響は?

結婚前に任意整理をすると、結婚生活に対して悪影響が心配だと言うことがあります。

 

任意整理をすると、結婚生活にどのような影響があるのでしょうか?

 

 

ブラックリスト状態になる

まず、任意整理をすると、いわゆるブラックリスト状態になります。

 

そこで、自分名義では、ローンやクレジットカードなどの利用ができなくなります。

 

携帯電話やスマホの機種変更の際に分割払いすることもできませんし、住宅ローンも利用できません。

 

そこで、家族で住宅を購入したい場合、クレジットカードを作りたい場合、携帯電話を新しくしたい場合などに不便をかける可能性があります。

 

ただ、任意整理でブラックリスト状態になるのは債務者ひとりだけであり、家族に対する影響はありません。

 

そこで、配偶者名義であれば、ローンやクレジットカードなどの利用ができます。

 

結婚相手がブラックリスト状態でなければ、住宅ローンやカード発行もできるので、さほど大きな不便を感じずに済みます。

 

 

数年間返済が続く

次に、任意整理をすると、手続き後に3年〜5年程度返済が続きます。

 

任意整理しない状態よりは少ない金額になりますが、借金返済の負担があることは確かです。

 

そこで、結婚後数年間は、給料から返済を継続しなければならない分、家族に負担をかけることになります。

 

ただ、これを完済したら借金は完済できるのですから、やはりさほど大きな障害とはなりません。

 

任意整理後の支払いを滞納しても、結婚相手や子どもには支払い義務がないので、相手に請求が来ることもありません。

 

このように、任意整理をしても、結婚生活に対してさほどの悪影響はないと言えます。

 

 

借金問題で悩んでいるなら弁護士に相談しよう!

以上のように、任意整理をしても結婚相手にバレることは、基本的にはありません。

 

任意整理したことによって結婚ができなくなることもありません。

 

むしろ結婚前に借金を整理しておくことが、相手への誠実さにつながりますし、結婚後の生活を考えても、結婚前に任意整理しておくべきです。

 

任意整理するときには弁護士に依頼する必要性が高いので、今、借金をかかえて悩んでいるなら、早めに債務整理に強い弁護士に相談しましょう。

関連ページ

任意整理が失敗するパターンと利用出来ない人
任意整理が失敗するパターンと利用出来ない人をお教え致します。任意整理は誰でも出来るわけではありません。任意整理は基本的に返済能力がある人しか出来ません。正しい知識を付けましょう。
一回も返済していない債権者がいたら任意整理できないの?
一回も返済していない債権者がいたら任意整理できないのかお教えいたします。借金がかさんでくると最後に借りた債権者に1回も返済が出来ない状態になる事があります。そんな中で任意整理を行うには大きな問題になる事があります。任意整理は正しく行いましょう。
任意整理の最低金額はあるの?
任意整理をする際に最低金額が気になる方も多いと思います。シングルマザーなどの生活が苦しい方は少額の借金でも苦しくなる場合があります。そんな時にも任意整理が出来るのか詳しく説明しています。
税金滞納がある場合に任意整理で解決できるのか?
税金滞納がある場合に任意整理で解決できるのかを説明いたします。市民税や所得税、固定資産税など税金の支払いは沢山あります。これを滞納している状態で任意整理は出来るのかについてお教えいたします。
任意整理の途中で自己破産に変更出来る?
任意整理の途中で自己破産に変更出来るかについてお教えいたします。任意整理の最中に見込み違いなどで自己破産に変更しなければならない時があります。そういう時の対処法や解決策をご紹介しています。
任意整理の費用が用意出来ない場合の対処方法
任意整理の費用が用意出来ない場合の対処方法についてご紹介致します。任意整理をしたくても費用が用意できない場合があります。そんな時の解決法や、任意整理の基本的な料金についても詳しく説明しています。
奨学金返済ができない場合に任意整理がおすすめなケースとは?
奨学金返済ができない場合に任意整理がおすすめなケースがあります。奨学金が返済できない人が増え社会問題になっています。そんな中で任意整理や自己破産をする人も急増しています。
保証人に迷惑をかけない方法は任意整理
保証人に迷惑をかけない方法は任意整理が最適です。ここでは保証人と連帯保証人の違いや、保証人がいる時の債務整理についてご紹介しています。これから任意整理をお考えの方は是非参考にして臭い。
任意整理で後から債権者の追加ができるの?
任意整理で後から債権者の追加ができるのかについて詳しく掲載しています。任意整理を行う際に債権者の申告漏れが発生する事があります。そんな時の解決策や豆知識をご覧ください。
会社や家族に秘密で任意整理したい場合の対応方法とは!?
会社や家族に秘密で任意整理したい場合の対応方法についてご紹介いたします。任意整理で借金を整理しようと考えている方の中で、会社や家族にばれるのが嫌だと言う方は多いと思います。でも大丈夫!詳しくはこちらのページをご覧ください。